子猫たちのいない
つかの間の休息。

胡麻と琥珀は
元気にしているようですよ!






里親さんからたくさん
報告メールいただいていたのに
気分が落ち込んでいて
報告できず申し訳ないです。

https://www.instagram.com/maki_cello/

名前は
胡麻はそのまま採用していただき
琥珀は「麦」君となりました。

胡麻&麦

ずっと兄弟仲良い姿を
見られるのって嬉しいですね。

小学校1年生の息子さんは
とても可愛がってくれていて
毎朝今までより早く起きて

2頭にご飯をあげてから
学校に行くそうです。
なんか嬉しいなぁ。

子猫の時だけではなく
その気持ちと行動を
ずっとこれからも
持ち続けてくれたら
もっと嬉しいなぁ。
2017.10.19 突然のお別れ
月曜日に
胡麻と琥珀のお見合いの
お話が入った時

嬉しい反面
もうお別れなんだと思ったら
やっぱり寂しくて

1人メソメソしたりしていました。
でも水曜日まで
思う存分可愛がって
残りの時間を楽しもうと
思っていたのですが

火曜日の夕方
一本の電話がはいりました。

毎年
子猫たちのために
たくさんの物資を
支援してくださっていた
フォーラムキャッツ代表の
鈴木玉能さんが
10月16日の月曜日に
亡くなったというお知らせでした。

最後にお会いしたのは今年の5月で
そろそろ子猫たちが来るだろうから
ご飯取りに来てねと連絡くださり

トランクいっぱいに
支援物資をいただき
私にも美味しいランチを
作ってくださったのが
お会いした最後の時と
なってしまいました。

9月に
もう一度支援をお願いして
お礼のメールを送ったのに
返信をいただいたのが
本当の最後です。

ご病気も家族の方以外には
隠していたそうで

突然の訃報に
驚かれる方ばかりのようです。

お通夜にはお伺いできないので
今日の琥珀たちのお見合いの後に
お別れを言いに行ってきました。

玉能さんは
ただ眠っているかのようで
今にも

「おはよー!よく寝たわー」と

あの可愛らしい声で
起きだしそうなぐらい
安らかなお顔をされていました。

でも
お顔を見ても
亡くなったことが
信じられません。

というか
この事実が
受け入れられません。

2013年から
4年もの間
たくさん助けていただきました。

動物が大好きで
惜しみない愛情を持って
たくさんの動物たちを
助けてきた方でした。

私も大好きでした。
時々しか会えなかったけれど
会えた時はお話するのが楽しくて

そしてお料理もとっても上手で
いつも美味しいランチを
ご馳走になってました。

保育ボランティアの活動は
やりがいもあるし
楽しいこともあるけれど

いつも最大の愛情と
時間とお金をかけて
育てているのに

自分の元から去ってしまうという
事実は
もちろん頭では分かっていても
感情がついていかないこともあり

もうやめちゃおうかなと
思う時もちょっとあったりして

でも玉能さんの顔を見て
玉能さんが
応援してくれてたことを
思い出して

やっぱりまた
頑張って続けなきゃなと
思いました。

今日は
琥珀と胡麻も去ってしまい
玉能さんもお空に帰ってしまい

なんだか
ボコボコに
殴られたように
頭も痛くて
身体も重くて

歩く気力もなかったのですが
夜に
琥珀&胡麻の里親さんから
2頭の様子の報告メールが来て

元気にしているようなのと
里親さん家族が
とても嬉しそうな様子が伝わってきて
救われました。

玉能さんに
こんなにたくさんの子猫たちを
育てましたよって
胸を張って報告できるように

これからも
頑張ろうと思います。

玉能さん
そちらから
応援してくださいね。


本日お見合いとなった
胡麻と琥珀。









めでたく
2頭揃っての卒園となりました。









とっても優しそうで素敵で
美人な里親さんです。
胡麻も琥珀も良かったねぇ。
このご縁を待っていたんだね!

小学校1年生の息子さんと
ボーダーコリーも
新しい兄弟となるそうです。

やんちゃな胡麻に琥珀に...
賑やかになりそうですね(笑)

25期生は
軟便に始まり
コゼットの腸重積
回虫に
コクシジウムに
そしてまた軟便と

結構な大変さだったので
無事に全員卒園させてあげられて
ホッとしましたが
なんだか気も抜けました。

でも
孔明のお家も
コゼット&小麦のお家も
胡麻&琥珀のお家も

近況報告してくださるお家なので
とっても安心だし

これからの成長していく姿も
見られると思います。

みんなものすごーく
可愛くて良い子ちゃん達だから
成長が楽しみですね。
どんな大人猫になるのかなぁ。

どうかみんな
健康で
元気で
長生きしてくれますように。

乳母はずっと
みんなの幸せを祈ってますよ。

そして
みんながお世話になった

保育園の保父さんたちも
みんなの幸せ祈ってますよ。
(多分)





先週の譲渡会。





残念ながら決まらず。
よってその足で
エプロンおばさんのお家へ。





胡麻も琥珀も
特に違和感ないようで(笑)





実家の猫を二階に追いやり
我が物顔で
二日間過ごしたようです。

譲渡会の日の朝
琥珀の便で
検便してもらったら
コクシジウムが見つかり

2頭ともバイコックスを飲まされ
口からアワアワ出してましたが
やはり預かってもらってる間も
軟便だった模様。

引き取って帰ってきた夜も
胡麻はビチビチ。
問題だった琥珀の方が
やや固まってました。

残ってた下痢止めを飲ませたら
今日は2頭とも少し
固まってきました。

軟便以外は
元気すぎるぐらいの元気。
食欲もあるし

あとはもう
この子たちの免疫力を信じて
コクシがいなくなるのを
信じるばかり。

留守の時は仕方ないにしても
いる時は
被害を最小限に
食い止めるために

砂をかいた音がすれば
飛んでいってチェックするという
日々なので
少々疲れましたが

2頭の姿見ると
そんな疲れも忘れちゃうんだよなー。











なぜか
琥珀の可愛い写真が
撮れない...。
実物は可愛いんですけどね。

そして
今日センターから電話があって

胡麻と琥珀を見てみたい方が
いらっしゃるとのことで
水曜日の午前中に
センターでお見合いすることになりました。

できるだけ
2頭一緒に貰われてほしいので
全力でその方向におススメ
したいと思います。

まだ
決まってないけれど
いずれ来る別れを想像して
お風呂で号泣(笑)

貰われてほしくないという
意味の涙では決してありませんが

そうは言っても5頭で預かって
軟便は続くは
コゼットは手術するわ

回虫もいれば
コクシもいるで

ものすごく
お世話が大変だった分
愛情のかけ方も半端なかったわけで

やっぱり
心は痛むわけです。

新しい飼い主さんの前で
涙は見せたくないし

それに新しい門出は
嬉しいわけだから

嬉し涙でもあるわけだけど
悲しくないって自分にすら
嘘をつくと

それが溜まりに溜まって
かえって苦しくなるから

お別れが寂しいって言うのは
自分で認めようって最近思います。

もう慣れましたからって言うのは
強がりです。

身が裂かれるくらいの
気持ちになります。

でも
その気持ちを受け継いで
一生大事にしますって
思ってくれれば
それでいいんです。

いや
まだ決まってないけどね(笑)
1週間経つの早いけど
明日はまた譲渡会。

最近の平日譲渡会は
来場者がとっても少ないので
期待薄ですが

それでも今月は
土曜日譲渡会がないから
行くしかない。











明日からフェリーなので
決まらなければまたそのまま
エプロンおばさんのとこへ
お泊り。

琥珀はちょっと軟便気味だから
ちょっと心配だけど
元気は元気だし。

エプロンおばさんと
子猫マイスターに
可愛がってもらいたまえ。

ってか明日バイバイしようよ。
駆虫してからイマイチ
体調の悪かったコゼット。

金曜譲渡会に
琥珀と胡麻を連れて行っている間
お留守番させていたら
嘔吐と下痢の跡が。

再度センターに戻って
どうするか...とかなり
悩みました。

3連休になるので
このままセンターに置いて
病院に連れて行って貰って
週明けまでセンターに置くか。

腸重積のこともあるので
診てもらえたら安心だけど
なんとなく大丈夫な気もするし。

結局補液してもらって
下痢止め貰って
帰って来ました。

その後は嘔吐もなく
うんちょの状態も元気。
体重もグンと増えました。

そして次の日の土曜日
卒園となりました。





なんと小麦のお家です!
譲渡会でも2頭で飼うのを
オススメしてたのですが
その時はひとまず一頭でとのことで。

その後、やはり小麦も
兄弟がいたほうが幸せ
なんじゃないかということで
今回の譲渡となりました。

胡麻とコゼットと最後まで
悩まれたのですが
女の子も飼ってみたいとのことで
コゼットになりました。





保育園にいる時から
胡麻や琥珀に比べると
かなり身体が小さいので

プロレス技をかけられて
かなり悲鳴をあげていたのですが
小麦も同じくで

コゼットが来たことが嬉しくて
遊ぼう遊ぼうという小麦にたいして
コゼットはやはり女の子らしく
マイペースを貫きたいタイプなので

飼い主さんも
コゼットのストレスに
ならないでしょうかと
連絡いただき

もしそうなら
胡麻も迎えようかとまで
考えてくださったので
一旦トライアルという形で
3頭で過ごさせてみましょうかという
ことにもなったのですが

少しずつ
状況もよくなって来たようなので

とりあえず小麦&コゼットペアで
いくことになりました。









飼い主さんも
2頭を迎えたことで
生活がとても楽しくなりましたと
喜んでくださっているので
本当に良かったなと思います。

飼い主さんとは
密に連絡が取れるので
コゼットの体調を見ながら
私もサポート続けたいと思います。

コゼットは

「ベルン」

という名前になりました。

小麦=マーロウ
コゼット=ベルン

ずっと仲良く元気でね!
もう長いこと保育園にいるような
気がしていたけど
まだ1ヶ月も経ってないんだね...。

先日病院での検便で
何も出なかったと書きましたが
あの後院長先生から
お電話があり

浮遊法という検便方法で
もう一回検査したところ
回虫が出たそうです。

多分コゼットが
腸重積になったこともあって
気になって検査してくれたのではと
思います。
ありがとうございます!
おかげてやっと軟便の
原因が分かった...。

ということで次の日センターで
駆虫薬飲ませてもらいました。





そして昨日の夜
うんちょに
長~い
白ーい
虫さんが混ざっておりました。

誰かの嘔吐の形跡もあって
その中にもびろーんと
混ざっておりましたよ。

最初に見た時は
なんじゃこれーっていう
衝撃でしたが

今は軟便の
原因と思われる回虫さんが
出て来てくれて感無量です(笑)
ピンセットでつまんで
マジマジと観察してしまいました。

生きてたら気持ち悪いけどね。

そして
先日卒園した
孔明と小麦のお家から
報告きましたよ。

孔明は

「シエル」

という名前になりました。
まだ先住猫の
栗モナちゃんには
受け入れてもらえてないようですが

ご家族には甘えて
そのハートを掴んだようです(笑)
ほんと
孔明は得な性格してるわー。



そして小麦は

「マーロウ」

となったそうです。
大人しかったのは
2日ぐらいで
今は毎日元気に走り回っているようです。



回虫見つかったので
孔明&小麦の飼い主さんにも
連絡して病院に
行ってもらったら
やはり2頭にも出たそうです。
回虫兄弟(笑)

胡麻のうんちょは
固くて良くなりましたが
コゼと琥珀がまだいまいち。

早くよくなれー
9月30日にあった譲渡会で
孔明と小麦が卒園しました。

なんと孔明のお家は12期生の
栗子ちゃん(現在名モナちゃん)
のお家!

しかも
栗モナママは
孔明を希望して来たわけではなく
その日の朝思い立って来たそう。

孔明に呼ばれてたのでしょうかー。



お家に行ってからも
すぐに慣れてご飯も
トイレもちゃんとして
お膝の上で甘えるという
孔明らしさ全開。

モナちゃんにはまだ
受け入れてもらえてないようですが
時間をかけてゆっくりですね。



小麦は一人っ子になりました。



おトイレとか大丈夫かなぁ。
少し軟便のままお渡ししてるので
若干不安ですが...。

琥珀と胡麻にも
興味を持っていただいた方も
いたのですが
譲渡には至らず。

今回の参加の中では
1番小さい感じで
やはり留守時間が短い方で
という条件があったからかなぁ。

10月は週末の譲渡会は
ないという
困った状態なので
地道に金曜譲渡会に
通おうと思います。





そして帰りは
コゼットも合流しましたよー!

お腹こんなんですけど。



でも見違えるほど元気です。
腸重積になる前より
断然元気。

1週間ゲージに閉じ込められ
暇で暴れてたらしく
家に帰って来てからも
琥珀と胡麻相手に
ハチャメチャしてます。
でも元気になってなにより。

でもやっぱりみんな軟便。
どうしても理由を突き止めたくて
違う病院も行ってみましたが

検便の結果は何も出ず。
むしろ虫がいてくれたほうが
原因が分かっていいのになぁ。

多分洋猫の血も入ってそうだし
洋猫はそういう症状が
出ることも多いそうで

成長と共に治ると思うけどなぁ
ってことで薬というより
乳酸菌のサプリ的なものを
処方してもらいました。

3頭で4200円。
先日の夜間救急といい
今回はお金かかるなぁ。


金曜譲渡会に参加してきました。

明日も譲渡会あるので
どうしようかなとは思いましたが
チャンスは多い方がいいので...。

何組かいらっしゃいましたが
今日は譲渡には至らず。
また明日再チャレンジです。









そしてコゼットにも会ってきました!
順調に回復していて
うんちょの状態もいいし
よく食べて体重も増えているそうです。

念のため明日の譲渡会には参加せず
でも明日引き取ってきます。

兄弟で入れ違いになっちゃうかなぁ。
手術のついでに
避妊手術もしてもらったそうです。
これは怪我の功名...なのかな。

そして
22期生のきなこときくふくの
里親さんから
たくさんの支援物資が届きました!







ダンボールいっぱいに
ロイカナやニュートロの
ご飯!!!

一個の値段を知っているだけに
これにどれだけのお金が
かかっているか...。

本当にありがたいです。
安いご飯もたくさんあるけど
免疫力の少ない子猫の時こそ

栄養価の高い
いいご飯を食べさせたいと思うので
どうしてもご飯代がかかってしまいます。

なのでとてもとても助かります。

一番町のお蕎麦屋さん
「やぶ信」が里親さんのやっている
お蕎麦屋さんです。

とっても明るい
親方と女将さんのいる
素敵なお蕎麦屋さんです。

いつかここで
卒園生の家族で
同窓会したいなぁっていうのが
小さな夢です。

女将さんは猫連れてきても
いいって(笑)
離れた兄弟たちが
会えたら楽しいだろうなー。

でも楽しいのは人間だけで
猫は楽しくないだろうなー(笑)

なのでそういうのが大丈夫な
猫さんは参加で
苦手な猫さんは飼い主さんだけの
参加ということで。

でも写真とか見せ合いっこしても
楽しいですよね!
コゼットですが
無事に手術は終わりました。

幸いにも腸は壊死しておらず
温存できたそうです。

手遅れだと壊死した腸を切り取った
つなぎ合わせたり
しなければならないみたいなので

手遅れにならなくて本当に良かった。
元気にしているようですが
再発の可能性もなくはないようで
しばらくセンターで様子を
見た方がいいということで

保育園には帰らず
病院から直接
センターに戻りました。

もう少し回復したら
また保育園に戻ってきてくれると
思います。
譲渡はもう少し後だね。

さて
メンズ4兄弟は
毎日元気にしています。













琥珀は相変わらず軟便で
足にうんちょつけたりするし

小麦も胡麻も少し軟便だし

孔明も吐いたり体重減ったり
好き嫌い多くて

結構めげそうになったし
コゼットのこともあって
かなり疲労してたのですが

センターも病院も
体重が減ってなくて元気なら
様子見ていいと言うし

もう琥珀の軟便も
琥珀の個性と思うしかないかなと...。

あまりに神経質になると
こっちが倒れちゃう...。

とりあえずみんなよく食べるし
よく動くし、元気いっぱいなので

金曜日、土曜日と
譲渡会には参加します。
早く新しいお家を見つけて
ゆっくり治してくしかないね。
昨日の夜
コゼットの元気がなくなり
嘔吐が始まったので
久しぶりに夜間救急に行ってきました。



熱は39.2度。
高すぎではないけれど
低くもない。

吐き気どめ入りの点滴をしてもらい
もし明日の朝も何も食べなかったり
嘔吐が続いたら
病院へ行ってくださいと言われ帰宅。



今朝の嘔吐の跡もなく
お腹すいたーって感じで
よく食べました。



友人たちが遊びにきましたが
それなりに元気に遊んでいたし
嘔吐もなかったので
夕方2時間ほど外出。

帰宅したら
部屋中に嘔吐の跡。

まだ病院があいてる時間だったので
連れて行ったら腸重積という症状で
緊急手術が必要とのこと。

預かってから
毎朝吐いてる跡があったことは
報告したのですが

腸に何らかの問題は
あるのだろうけど
腸重積になったのは
昨日あたりからじゃないだろうかと。
(つまり毎朝吐いていたことは
腸重積につながるとは限らない)

とにかく
そのまま入院、手術となりました。

私にできることは
何もないので帰宅。

病院とセンターとボランティアの
関係性もなかなかに複雑で
どうしたらいいのか悩むことも
てんこ盛り。

これでよかったのかと
思うこともありますが

今はただコゼットの回復を
祈り家に戻ってこれることを
願うしかありません。

孔明
琥珀
小麦
胡麻
コゼットは

超元気なのですが
やはり琥珀は軟便。

そして時々誰か吐いてる。
見てない時に限って
吐くんだよなー。



















ケールの飼い主様

もしブログを見ていたら
ケールの様子を
お知らせいただけたら
嬉しいです。

ケーナは
とっても元気で
とっても大きくなって
先住猫ちゃんとも仲良く
やってますよー!



あちゃー、25期生が
入園して6日もたってしまった。
毎日バタバタしてました。

詳しくはインスタご覧ください←手抜き

https://www.instagram.com/maki_cello/

5ニャンズは
元気いっぱいです。
軟便の子もいるけど
よく食べるしよく遊ぶ。

名前は

孔明



琥珀



胡麻



小麦



コゼット



なんで漢字で統一しないんだよと
いう気もしますが

つけたい名前をつけた感じ。
だって次に「こ・ご」の順番が
来るのはかなり先の話だもん。

コゼットだけ
女の子です。

長毛って久しぶり。
グリオとグリコ以来かな。

ヌイグルミみたいで
超可愛いのですが
やはり長毛はケアが必要。

うんちょが
お尻の毛につくからね...。
あとは離乳食まみれになるからね...。

ようやく
お世話の仕方にも
慣れてきた気がします。

しかしこの子達
ホントに可愛い。

中毒性というか
依存性があるらしく(笑)

寝る前にもう一回
姿を見ようかなと思ったが最後。
可愛すぎてメロメロになって
寝るのが遅くなります...。

部屋に入るとワラワラと駆け寄ってきて
もうハートを鷲掴み。

でも脱走しようとするのと
毎回格闘。

5頭預かるのは初めてだけど
やっぱり大変だわ。

腕がたりん。
ケール&ケーナが卒園して10日あまり。

ケーナの近況はこちらで。

https://www.instagram.com/m_shimayumi37/

ケールは今のところまだ
連絡はないけれど元気にしてるかなぁ。

そして本日25期生入園しました。
2頭お願いしますというお電話でした。



最初はこの2頭ということでしたが
元々5頭兄弟で9月1日に来て
(9月1日ってケーケーたちが
卒園した日だよね)

お腹の調子が悪かったりしたので
センターで治療してたそうですが
5頭だと大変だと思うのでということで
2頭依頼されました。

あとの3頭は他のボランティアさんが
預かるんですよねと聞いたら
とりあえずまだセンターに置くとの
ことだったので

もう離乳食も食べてるし
お腹の調子も良くなって来てるし
離すのも可哀想かなぁと思い
つい5頭預かりますと...。



オス4、メス1です。
メス以外長毛。
メスも少し長め。

離乳食食べるのが
下手すぎて
身体が汚れるらしく

まぁ、カルカン臭い(笑)

長毛は汚れると大変なんだよなー。

若干5頭預かったことを
後悔しないでもないですが

みんなホントに元気で
帰宅してから部屋の中を
嬉しそうに飛び回っているので

今まで狭いゲージの中で
我慢してたんだから
これからは窮屈な思いを
させなくていいと思えば
頑張れるかな。

仕事行く前は
みんなゲージに入ってたのですが



帰宅して部屋開けたら
こうなっててびっくりした。



また脱走犯いたよー。



最後の朝食となるか?!

20170901.jpg

201709011.jpg

201709012.jpg

この時点では結果は
分からないわけだけど
なんとなく最後になる
予感っていうのは
前日からあったりするんだよね。

201709013.jpg

201709014.jpg

本日2回目の譲渡会。
ケーナも今日お引き渡しなので
ギリギリまで一緒に。

201709015.jpg

ケールは2回目の余裕なのか
それとも性格がそうなのか
なんとなく緊張してない感じ。

ケーナは前回連れてこなかったし
どこなの?!なんなの?!
みたいな感じもしてました。

入園時にミャーミャーよく鳴いて
ママを探していたのもケーナ。

お腹空いた!朝ごはん!って
よく鳴いたのもケーナ。

ケールは基本的に
陽気でのんびりした感じ。
でも動きは機敏。

完全ミルクから育てるのは
久しぶりだったので
最初は怖かったけれど

とっても良い子で
可愛くて
なので楽しみながら
育てられたなーって
思います。

ちょっとお腹がゆるくなったことも
あったけど
概ね健康に育ってくれたから
大変だった・・・っていうほどでも
なかったかな。
(育てていてつらいのは
やっぱり具合悪くなっての
病院通いかも)

ケーナは15期生の
くろのすけ=サランのお家へ。
今日はママがお迎えに。

201709016.jpg

サランママのインスタで
これからもケーナの様子は
見れますよ。

https://www.instagram.com/m_shimayumi37/

サラン君との初対面は
お互いシャーシャーだったらしいですが
ま、そんなもんでしょ。
きっとすぐに仲良くなります。

ケールも素敵なご家族の元へ。

201709017.jpg

去年ボランティアさんが育てた
子猫を譲渡され
そして今回ケールを迎えてくれました。

先輩猫ちゃんと
仲良くなったかなー。
シャーされてるかなー。

どちらも
間違いなく大切に
愛情いっぱいに育ててくれる
ご家族だと思うので

本当に良かったなぁと
思います。

もちろん
いつものように

心の中にぽっかりと
穴はあいておりますが

こればっかりは仕方ない。

でもまた次の子にゃが来たら
そちらを育てることに必死になるので
卒園生のことは
心の片隅に置くことになるけれど

忘れることはないし
いつもいつも幸せを祈っています。

里親さんたちが
報告してくれる元気な姿を見れるので
大きくあいた穴も
すぐに塞がるのです。

24期生までで
卒園生54頭!

今年度は
あと1回か2回か・・・。
微妙なところだなー。

そうそう
サランママから
差し入れいただきました。

2017090110.jpg


栗やさつまいものお菓子が
大好きな私としては
嬉しいです。

9月からダイエットと
思ってたけどね。

あ、ケールケーナの兄弟も
貰われてましたよ。
しかも2頭一緒に同じお家へ。
理想の形ですね!

みんな幸せになれよー♪

201709019.jpg

201709018.jpg
いよいよ明日はケーナとお別れ。
もしかしたらケールともお別れ。

ケールはご縁がなければ
戻ってくることになるけど
ケールとケーナは本当のお別れ。

20170831.jpg

201708311.jpg

201708313.jpg

40日以上保育園にいるなんて
結構久しぶり。
入園時が小さかったからだけどねー。

「大きくなるんだよ」

ってグリさんが言ってるみたい。

201708312.jpg

ブログを見返してると
入園時は本当に小さかったなーって
思います。

今は毎日部屋中走り回ってるし
朝は朝で運動会しまくって
私のこと踏みまくるし

とにかく
よく食べ
よく寝て
よく遊ぶ
健康優良児です。

ケーナの新しいお家は
同じく卒園生の
くろのすけ=サラン君のお家だから
まず寂しい思いはしないだろうけど

ケールがどんなお家に行くか・・・。
先住猫ちゃんがいなかったり
遊び相手が少ないお家よりは
賑やかなお家がいいなと
思ったりもしますが

ケールの引き寄せの力に
お任せしたいと思います。

譲渡会でも

「カーテン登ったりしますか?」

とか

「布で爪とぎますか?」

って聞かれたりしますが

絶対登らないとも言えないし
爪とぎ以外のところで爪とぐ子もいるし

なのでそういったことが耐えられなかったり
お家を絶対に綺麗に保ちたい方は
あまり動物を飼わない方がいいんじゃないかなぁって
思ったりします。

もちろん猫の生態が分からないから
質問するっていう場合はいいんですけど

してほしくないことをされたら
やっぱり嫌だって思って
飼育放棄されたりしたら
嫌だなって思っちゃいます。

うちの場合
チョビもグリも爪とぎ以外では
爪はとがないけど
ティルは布でバリバリやります。

カーテン登ったりする子はいないけど
預かりの子で網戸登った子も数知れず。

ケールとケーナも
高い所に登れるようになったので
棚に置いてあるものを
蹴散らしたりしてます。

でも子猫のうちだけかもしれないし
成長してもやるかもしれないし
それはなんとも現時点では分からないこと。

どんなことをされても
猫にも人間にも
心地よく生活できるように
対処するという気持ちで
飼ってほしいなと思います。

お別れ寂しいなって思うけど
そのスイッチをそろそろオフにしなきゃね。

201708314.jpg

201708316.jpg

201708315.jpg
先週の金曜譲渡会は
残念ながらご縁がなく。

でもケール&ケーナの兄弟も
参加してましたよ。







そっくりだねぇ。
体重を聞いたら4頭の中では
ケールが1番大きいみたい。

今度の金曜日も参加してきます。
ケーナも金曜日にセンターで
お渡しすることになりました。
なのでケーケーコンビは
金曜日でバイバイだね。







それにしても
随分大きくなったもんだね。
あんなにヒヨヒヨしてたのにね。

そして先日のチャリティーコンサートも
無事に終了いたしました。
今回はグッズ販売ができなかったので
募金箱を置かせていただき
たくさんのお気持ちを
いれていただき
ありがとうございました。

「僕たちのためにありがとにゃー」







いつもインスタでもその姿を見ているので
元気にしているのは知っていましたが。

22期生のきなこときくふくに
会ってきました。

一番町のお蕎麦やさんに嫁いだ2匹。

「ふんふんふん」



「なんか知ったような知らないような」


「嗅いだことのある匂いな気もするけど」



「どちら様?」



ま、覚えていないのは
いつものことです。

育ての母を覚えてるのではというのは
甘い幻想です(笑)
でも逃げたり隠れたりするわけではなく
遊んでくれましたよ。







優しくて愛情たっぷりの飼い主さんと
大先輩の先住猫ちゃんと

仲良く元気に生活してました。

卒園生が幸せに暮らしている姿を
見られるのは本当に嬉しいですね。



眉間にしわ寄ってるのは
思いっきり匂いを嗅いでるからです(笑)
19期生のエダム君

元気にしてるかなぁと飼い主さんに
メールしてみました。

というのも
譲渡してから何回か
エダムのやんちゃっぷりがすごくて
飼い主さんが疲れてしまって
相談メールをいただいていたり
したのでした。

エダムは
ちょこ君という名前になりました。
ちょうど1年前くらいの子にゃですね。









すごいイケメンになってますねー。

確かに保育園にいた時も
エダムはやんちゃで
おトイレの失敗も多くて
結構悩ましい時がありました。

でも元気でとっても可愛い子でしたが
写真ではママ大好きって感じが
伝わってきてますね。

飼い主さんいわく
電気コードかじったり
飼い主さんのこと噛んだり

でもどこにでもくっついてくる子でもあり
今ではなくてはならない存在ですと
言っていただけたことがありがたく
とても嬉しいです。


気付かないうちに
ケールとケーナが入園して
1ヶ月が過ぎてました。

お腹の調子ですが
結局病院の薬だけでは改善されず
センターで抗生物質のお薬を
出してもらったらすぐに良くなりました。

やっぱり整腸剤だけじゃ
なかなか良くはならないんだよね...。
その後はメキメキと
体重も増えて
毎日すごい運動量です。













今週から
金曜譲渡会参加しようかなーと
思ってます。
先日脱走して23日間も家出していた
アズキ=姫ちゃんに会いに行ってきました。

DSC03103.jpg

DSC03110.jpg

DSC03142.jpg

家出中2キロ痩せて
現在1キロ戻ったそうです。
それでも6キロだって・・・。
チョビよりもグリよりも重い(笑)

傷痕は痛々しいですが
すっかり元気になったそうです。

DSC03116.jpg

DSC03117.jpg

ミドル=あずき君も
いろはも元気でしたよ。

DSC03106.jpg

DSC03137.jpg

DSC03148.jpg

DSC03121.jpg

DSC03118.jpg

ここのみんなは
割と人見知りっ子なので
なかなか遊べず。

でもみんな元気で安心しました。
こんな風に3匹揃ってる姿を
見られて本当に嬉しい。

DSC03125.jpg

DSC03128.jpg

飼い主の鈴木さんも
脱走はもうこりごり・・・ということで
いろいろ対策をしておられました。

やはりちょっとした気の緩みなどで
ドアや窓を開けっ放しにしたり
しちゃうんですよね。

私も自分に言い聞かせなきゃ。




ケールの軟便が始まって
病院で診てもらったら
腸内バランスはそんなに崩れてないと。

一応下痢止めと整腸剤の混ざったお薬を
5日分処方してもらって与えたら
すぐに良くなりました。

と思ったら今度は
ケーナの軟便が始まり。
ケールにもらったお薬を飲ませたら
足りなかったのか、やっぱりケールもイマイチ。

ということで結局薬が足りなくなり
更に5日分追加してもらいました。

現在2匹とも良くなりつつあります。
それ以外には問題なく
いたって元気。
ケールは600グラム越え。
ケーナは相変わらず
体重の伸びがいまいちで
まだ600グラムにはいたらず。











よちよちひよひよからだったので
毎日あっという間に過ぎていたけど
なんだかんだと3週間は
越えたのね...。

今週土曜日のセンターの譲渡会には
参加しません。


すいません
ついついブログ放置してました。

ケールとケーナですが
6日の日曜日からフェリーの仕事で
実家に預けていました。
元気は元気なのですが
ケールの軟便が始まってしまったので
明日病院行ってきます。
体重がいまいちのびません。

やっぱり
ウェットからドライへの
切り替え時期って難しい。
腸内バランス崩れてるんだろうね。
下痢ってほどではないけど。













ついつい
インスタのほうが投稿が楽で
ブログ放置しがちでした。

ケールもケーナも今の所
元気にしております。
おトイレも入れれば自分で
できるようになりました。
(自分から入ることもある)













ただ
ケールがケーナの股間を
チューチューするようになってしまい
ケーナが可哀想なので
留守の時や
夜寝る時は離すことにしました。

吸われすぎると
尿道が閉塞しちゃうことも
あるらしいので...。
そういう点でも
ケールのほうがちょっと
甘えん坊な感じです。

でもケールもケーナも
ホントに可愛いです。
日曜日からフェリー仕事で
センターに託すか悩むとこですが
やっぱりなんとか実家で
面倒見てもらおうと思います。
ケールとケーナは元気にしております。







グリちゃんの献身的なお世話で
うんちょも少しずつ出てます。
(もうちょっとしっかり出てほしいけど)



https://youtu.be/v35AFvdAUNE

https://youtu.be/QsVE-hJPqV0

体重も少しずつ増えていて
ミルクと離乳食を食べています。
まだおトイレは自らはできません。
でも所構わずしてしまうわけではなくて
お尻トントンすれば出すって感じです。
もしくはグリさんが舐めてくれる。

私がマッサージしただけじゃ出ないうんちょも
グリが丁寧に舐めてあげると出てくるので
何が違うのかなぁと思いつつも
絶対的に違うんだろなと思います。

来週フェリーの仕事なので
その前にある程度自分でご飯食べて
自分でトイレに入れるように
なってくれるといいんだけどなー。
ケール&ケーナは
元気にしております。

昨日からミルクに加えてちょっとずつ
離乳食を始めました。

大きなキャリーの中だけで
過ごしているので
出かける時もそのまま連れて行けるし
あまり状況が分かってないみたいで
どこに行っても大人しくしててくれるので
助かります。
まぁ、今のうちだけだろうけど。

昨日は出張レッスンと
来月のチャリティーコンサートの
合わせがあって
長時間なので相手の了承を得て
子ニャンズも連れて行きました。

楽器弾いてても
全然関係なく
静かに寝てる大物たち。





















行く先々で可愛がっていただきました。

来月のチャリティーコンサートも
まだチケット残っております。
少しでも多くの方に来ていただき
動物愛護の活動を知っていただきたいのと
寄付する団体に少しでも多くの
寄付金をお渡しできるよう
皆様のご協力をお願いいたします。

ケールとケーナも
もしかしたら会場にいるかも?!
(いや、いません(笑))
なんとなんと
こんなにちっこい子が...。









金曜日に依頼があったのですが
仕事で引き取りに行けず。
今日は土曜日ですが
譲渡会があったので始まる前に
引き取りに。

4頭兄弟だそうですが
小さいので2頭ずつ分けて
預かってもらっているそうです。

うちに来たのは
両方とも男の子。
来た時は290グラムと275グラム。

しかし、よく私に
育てられると判断したなー。
こんなに小さい子、多分2012年の
3期生の茶太郎が200グラム台だった
以来だよ...。

ということでミルクです。
おしっこもお尻トントンです。

仮名は
赤リボンが「ケーナ」
トリコロールリボンが「ケール」
にしました。

ケーナはママを探して
ニャーニャーよく鳴くので
楽器のケーナから。

ケールは大人しくておっとりしてて
草食系男子みたいなので
青汁で有名なケールから。

結構真逆なキャラの2頭です。

センターではケーナはあまり
ミルクを飲まないと言われ
念のため補液してもらいましたが
与えると飲みます。

ケールはよく飲みますと言われましたが
こちらもまぁまぁです。
一回の量が少ないので
回数多めに与えるしかないけど
平日の仕事中どうするかなぁ。

夜の体重は
ケーナもケールも295グラム。
ケーナは20グラムも増えた!

ということでしばらく
寝不足の日々が続きそうです...。
姫ちゃん、退院しました。









結構深い傷なんじゃないのー(>_<)
やっぱりお外は過酷なんですよ。
もう家出しないでよーーー。

家では落ち着いてるようですが
ものすごく甘えているようです。

甘えたかったんだったら
もっと早く帰ってくればいいのにさって
ツッコミたくはなりますが(笑)

戻って来てくれてほんとに良かった。
回復したら会いに行ってきます!
お家を脱走して3週間強。
ようやく昨晩姫ちゃんが戻ったそうです。

定期的に状況は聞いていたのですが
お家の周りからは動かず
毎晩出てきてご飯も食べるし
時々家の中にも入ったそうですが
捕獲にはいたらず。

捕獲器も買って
持久戦でしたが
捕獲器の中におもちゃをいれていたら
入ったそうです。

ほんとに良かった...。
やはり普段からお気に入りの
おもちゃとか毛布とか
作っておくべきですね。

少し怪我をしていて
縫わなきゃならないようなので
今日は入院して明日
退院だそうです。
血液検査の結果は異常なし。

少しの気の緩みで
猫ちゃんが脱走してしまう
危険性は必ずあるし
特に夏場は窓を開けっ放しに
する機会や時間が長いと思うので

より一層飼い主の皆様には
気をつけていただきたいと思います。
私も気をつけよう。

3週間以上
飼い主さんも心労で
疲れてしまったと思います。

でも諦めずに帰りを待ち
できることは何かといつも考えていたので
姫ちゃんも戻れたのだと思います。

落ち着いたら会いに行ってこようと思います。
心配してくださった皆様
ありがとうございました!
きんつば=こふくちゃんのお家から
近況報告がきましたよ。

いただいたメール(抜粋)です

「こふくちゃんは我が家に来て
2週間後に病院へ行き
2回目の注射とノミダニの駆虫薬を
首にたらしてもらって帰ってきました。

6月13日の体重は1.3キロで健康でした。
その1週間後からこっちゃんの
下腹部がたれてきて、最初はみんなで

こっちゃん食べすぎだよーと笑って
話をしていましたが
日に日にお腹がたれてくるこっちゃん。
実はオスだったのかな?と真剣に
疑うほどそれらしき部分がたれてきて
それともお腹に水が溜まっているのか
心配になって7月11日に病院へ
つれていきました。

お腹がたれてきて何か悪い病気なんでしょうかと
聞いたら先生がきっぱりと

「これは脂肪ですね!」と答えられ
「オスではないですよね?」と聞いたら
女の子ですよと答えられました。
体重が2.1キロになっていました。」

いやー、もしオスだったとしたら
私もびっくりですよ!!(笑)
女の子は男の子よりも
お腹がたれやすいって言いますからねー。

食事はドライフードだけにしたほうがいいと
アドバイスを受けたそうです。

「こっちゃんは娘たちを
ガブガブ噛みます。
手だけではなくお腹も顔も
全て噛みます。

娘たちが起きてくると
猛ダッシュで走ってきます。
幼稚園から帰ってくる時も
着替えをしている時も飛びついて
噛みます。

娘たちは毎日かなりの悲鳴をあげています。
テレビを見て座っている時も
昼寝をしている時も勢いをつけて
噛みます。

きっと遊びたいんだろうなぁ
猫の兄弟と遊んでいる感覚
なんだろうとなぁと思いつつ
激しく攻撃しかけてくるこっちゃんは
ちょっと困ったちゃんで見ていても
怖いと思うほどの時もしばしばあります。

それでも娘たちはこっちゃんを
嫌いにはならず噛まれても噛まれても
悲鳴をあげて逃げているのに
こっちゃんのことが大好きな娘たちです。

私が噛みつくこっちゃんを叱ると
「そんなに強くこっちゃんを叱らないで!」
と言われます。

そして寝ているこっちゃんはたまらなく
可愛いみたいです。
こっちゃんの兄弟どうしの遊びは
どんな感じなんだろうと
インスタグラムを拝見しました。
猫兄弟同士激しく遊んでいました」

そのインスタはこちら↓

https://www.instagram.com/p/BWdAlvDAic2/?taken-by=zazie65&hl=ja

https://www.instagram.com/zazie65/?hl=ja

きなこ&きくふくも
毎日激しい遊びしてますよ。

20170713.jpg

201707131.jpg

201707132.jpg

201707133.jpg

きんつば=こふくちゃんの
噛み癖・・・。

うちのボスも
子猫の時噛み癖ひどかったので
成長と共に
落ち着くとは思うんですけどね。

噛まれても噛まれても
こっちゃんが大好きなんて

なんで素晴らしい娘ちゃんたちなんだ・・・。

こっちゃんは幸せだねぇ。