先週の譲渡会。





残念ながら決まらず。
よってその足で
エプロンおばさんのお家へ。





胡麻も琥珀も
特に違和感ないようで(笑)





実家の猫を二階に追いやり
我が物顔で
二日間過ごしたようです。

譲渡会の日の朝
琥珀の便で
検便してもらったら
コクシジウムが見つかり

2頭ともバイコックスを飲まされ
口からアワアワ出してましたが
やはり預かってもらってる間も
軟便だった模様。

引き取って帰ってきた夜も
胡麻はビチビチ。
問題だった琥珀の方が
やや固まってました。

残ってた下痢止めを飲ませたら
今日は2頭とも少し
固まってきました。

軟便以外は
元気すぎるぐらいの元気。
食欲もあるし

あとはもう
この子たちの免疫力を信じて
コクシがいなくなるのを
信じるばかり。

留守の時は仕方ないにしても
いる時は
被害を最小限に
食い止めるために

砂をかいた音がすれば
飛んでいってチェックするという
日々なので
少々疲れましたが

2頭の姿見ると
そんな疲れも忘れちゃうんだよなー。











なぜか
琥珀の可愛い写真が
撮れない...。
実物は可愛いんですけどね。

そして
今日センターから電話があって

胡麻と琥珀を見てみたい方が
いらっしゃるとのことで
水曜日の午前中に
センターでお見合いすることになりました。

できるだけ
2頭一緒に貰われてほしいので
全力でその方向におススメ
したいと思います。

まだ
決まってないけれど
いずれ来る別れを想像して
お風呂で号泣(笑)

貰われてほしくないという
意味の涙では決してありませんが

そうは言っても5頭で預かって
軟便は続くは
コゼットは手術するわ

回虫もいれば
コクシもいるで

ものすごく
お世話が大変だった分
愛情のかけ方も半端なかったわけで

やっぱり
心は痛むわけです。

新しい飼い主さんの前で
涙は見せたくないし

それに新しい門出は
嬉しいわけだから

嬉し涙でもあるわけだけど
悲しくないって自分にすら
嘘をつくと

それが溜まりに溜まって
かえって苦しくなるから

お別れが寂しいって言うのは
自分で認めようって最近思います。

もう慣れましたからって言うのは
強がりです。

身が裂かれるくらいの
気持ちになります。

でも
その気持ちを受け継いで
一生大事にしますって
思ってくれれば
それでいいんです。

いや
まだ決まってないけどね(笑)
1週間経つの早いけど
明日はまた譲渡会。

最近の平日譲渡会は
来場者がとっても少ないので
期待薄ですが

それでも今月は
土曜日譲渡会がないから
行くしかない。











明日からフェリーなので
決まらなければまたそのまま
エプロンおばさんのとこへ
お泊り。

琥珀はちょっと軟便気味だから
ちょっと心配だけど
元気は元気だし。

エプロンおばさんと
子猫マイスターに
可愛がってもらいたまえ。

ってか明日バイバイしようよ。
駆虫してからイマイチ
体調の悪かったコゼット。

金曜譲渡会に
琥珀と胡麻を連れて行っている間
お留守番させていたら
嘔吐と下痢の跡が。

再度センターに戻って
どうするか...とかなり
悩みました。

3連休になるので
このままセンターに置いて
病院に連れて行って貰って
週明けまでセンターに置くか。

腸重積のこともあるので
診てもらえたら安心だけど
なんとなく大丈夫な気もするし。

結局補液してもらって
下痢止め貰って
帰って来ました。

その後は嘔吐もなく
うんちょの状態も元気。
体重もグンと増えました。

そして次の日の土曜日
卒園となりました。





なんと小麦のお家です!
譲渡会でも2頭で飼うのを
オススメしてたのですが
その時はひとまず一頭でとのことで。

その後、やはり小麦も
兄弟がいたほうが幸せ
なんじゃないかということで
今回の譲渡となりました。

胡麻とコゼットと最後まで
悩まれたのですが
女の子も飼ってみたいとのことで
コゼットになりました。





保育園にいる時から
胡麻や琥珀に比べると
かなり身体が小さいので

プロレス技をかけられて
かなり悲鳴をあげていたのですが
小麦も同じくで

コゼットが来たことが嬉しくて
遊ぼう遊ぼうという小麦にたいして
コゼットはやはり女の子らしく
マイペースを貫きたいタイプなので

飼い主さんも
コゼットのストレスに
ならないでしょうかと
連絡いただき

もしそうなら
胡麻も迎えようかとまで
考えてくださったので
一旦トライアルという形で
3頭で過ごさせてみましょうかという
ことにもなったのですが

少しずつ
状況もよくなって来たようなので

とりあえず小麦&コゼットペアで
いくことになりました。









飼い主さんも
2頭を迎えたことで
生活がとても楽しくなりましたと
喜んでくださっているので
本当に良かったなと思います。

飼い主さんとは
密に連絡が取れるので
コゼットの体調を見ながら
私もサポート続けたいと思います。

コゼットは

「ベルン」

という名前になりました。

小麦=マーロウ
コゼット=ベルン

ずっと仲良く元気でね!
もう長いこと保育園にいるような
気がしていたけど
まだ1ヶ月も経ってないんだね...。

先日病院での検便で
何も出なかったと書きましたが
あの後院長先生から
お電話があり

浮遊法という検便方法で
もう一回検査したところ
回虫が出たそうです。

多分コゼットが
腸重積になったこともあって
気になって検査してくれたのではと
思います。
ありがとうございます!
おかげてやっと軟便の
原因が分かった...。

ということで次の日センターで
駆虫薬飲ませてもらいました。





そして昨日の夜
うんちょに
長~い
白ーい
虫さんが混ざっておりました。

誰かの嘔吐の形跡もあって
その中にもびろーんと
混ざっておりましたよ。

最初に見た時は
なんじゃこれーっていう
衝撃でしたが

今は軟便の
原因と思われる回虫さんが
出て来てくれて感無量です(笑)
ピンセットでつまんで
マジマジと観察してしまいました。

生きてたら気持ち悪いけどね。

そして
先日卒園した
孔明と小麦のお家から
報告きましたよ。

孔明は

「シエル」

という名前になりました。
まだ先住猫の
栗モナちゃんには
受け入れてもらえてないようですが

ご家族には甘えて
そのハートを掴んだようです(笑)
ほんと
孔明は得な性格してるわー。



そして小麦は

「マーロウ」

となったそうです。
大人しかったのは
2日ぐらいで
今は毎日元気に走り回っているようです。



回虫見つかったので
孔明&小麦の飼い主さんにも
連絡して病院に
行ってもらったら
やはり2頭にも出たそうです。
回虫兄弟(笑)

胡麻のうんちょは
固くて良くなりましたが
コゼと琥珀がまだいまいち。

早くよくなれー
9月30日にあった譲渡会で
孔明と小麦が卒園しました。

なんと孔明のお家は12期生の
栗子ちゃん(現在名モナちゃん)
のお家!

しかも
栗モナママは
孔明を希望して来たわけではなく
その日の朝思い立って来たそう。

孔明に呼ばれてたのでしょうかー。



お家に行ってからも
すぐに慣れてご飯も
トイレもちゃんとして
お膝の上で甘えるという
孔明らしさ全開。

モナちゃんにはまだ
受け入れてもらえてないようですが
時間をかけてゆっくりですね。



小麦は一人っ子になりました。



おトイレとか大丈夫かなぁ。
少し軟便のままお渡ししてるので
若干不安ですが...。

琥珀と胡麻にも
興味を持っていただいた方も
いたのですが
譲渡には至らず。

今回の参加の中では
1番小さい感じで
やはり留守時間が短い方で
という条件があったからかなぁ。

10月は週末の譲渡会は
ないという
困った状態なので
地道に金曜譲渡会に
通おうと思います。





そして帰りは
コゼットも合流しましたよー!

お腹こんなんですけど。



でも見違えるほど元気です。
腸重積になる前より
断然元気。

1週間ゲージに閉じ込められ
暇で暴れてたらしく
家に帰って来てからも
琥珀と胡麻相手に
ハチャメチャしてます。
でも元気になってなにより。

でもやっぱりみんな軟便。
どうしても理由を突き止めたくて
違う病院も行ってみましたが

検便の結果は何も出ず。
むしろ虫がいてくれたほうが
原因が分かっていいのになぁ。

多分洋猫の血も入ってそうだし
洋猫はそういう症状が
出ることも多いそうで

成長と共に治ると思うけどなぁ
ってことで薬というより
乳酸菌のサプリ的なものを
処方してもらいました。

3頭で4200円。
先日の夜間救急といい
今回はお金かかるなぁ。