平日譲渡会に2回参加したけれど
ご縁のなかったアイリス。

きっと神様が私に
今日までアイリスと過ごす時間を
作ってくれたんじゃないかなぁと
思います。

201511292.jpg

20151129.jpg

アガサと別れて
2匹で駆け回るドタバタ劇は
見れなくなったけど
お兄ちゃん達にお世話され
一人で遊ぶのも上手なアイリスは
マイペースに過ごしておりました。

「あのー・・・」

201511294.jpg

「その湯たんぽの入ったベッドは・・・」

201511293.jpg

「あたちの場所だと思うんだけど・・・」

201511295.jpg

「一緒に入っていい?」

201511296.jpg

お別れの朝も
いつもと変わらずワチャワチャと
元気に遊んでおりました。

201511297.jpg

201511298.jpg

201511299.jpg

2015112910.jpg

疲れるとこんな風に
ひょいと膝に乗って
甘えてくるので
譲渡会行きたくないなと思いつつ・・・。

2015112911.jpg

2015112917.jpg

今日はなんだかおとなしめ。
車でもすぐ寝ちゃった。

2015112912.jpg

子猫のシーズンは
終わりかけているので
そんなに多くはありませんでしたが
少し若目の成猫も結構いました。

2015112913.jpg

実は2日ほど前から
アイリスの耳の毛が少し
抜けてきはじめ・・・。

アガサの時にやった
培養検査の結果が
どうも真菌らしい・・・ということに
なったことも同時に分かり。

お薬つけていたのですが
大事な日にこんな感じになりました。

2015112914.jpg

2015112915.jpg

なのでできるだけ
先住猫さんのいないお家の方が
安心だなぁと思っていたし
センターの職員さんとも
希望者が複数になった場合は
その点を優先しましょうかと
話してました。

譲渡会が始まる前に
希望者の方たちは
講習会を受けるのですが

その間も布に包まれて
まったり。

2015112916.jpg

2015112918.jpg

譲渡希望の人たちが
部屋に大勢入ってきても
全く動じず。

誰に抱っこされても
嫌がらずに寝てる・・・。

2015112919.jpg

おとなしい猫ちゃんですねーと
言われてしまいましたけど

それは家にいる時に
休まず遊びまくってるからです。
ひたすらお兄ちゃん達に
ちょっかいかけたり
一人で延々と遊んでるからです。

猫かぶりめ・・・。

とにかく
今回はご縁がありました。

2015112921.jpg

2015112922.jpg

2015112923.jpg

お顔は出せませんが
優しそうな方です。

※当初ご夫婦と思っていたのですが
一緒にいた方は同僚の方とのことでした。

お子さんも二人いて
たくさん遊んでくれそうだし

なによりアイリスを
抱っこしている時に
とても幸せそうで
喜んでくださっていたので
そのご家族に決まって良かったです。

先住猫ちゃんもいないし
日中は1匹でのお留守番に
なるそうですが
1匹でも遊べるし
夕方からはお子さんが
たくさん遊んでくれるだろうし
きっと大丈夫でしょう。

決まって嬉しいけれど
やっぱり悲しいし寂しい。

2015112924.jpg

自分の飼い猫と同じように
自分の持っている全ての愛情を
出しつくしてお世話しているので
いなくなってしまった後の気持ちは
とてもとてもしんどいです。

自分が飼うために
育てているんじゃないって
分かっているし
毎回どの子猫たちを送り出す時も
こんな気持ちにはなるけれど

特に今回のアガサとアイリスは
口では説明できないような
不思議な縁を感じてしまい

あまりの可愛さに
ルール破って家で貰っちゃっても
いいんじゃないかと何度も思いました。

それでもやっぱり
これ以上は無理だし
何にも問題なく譲渡できそうな子は
やっぱり出すべきなんです・・・。

大変は大変だったけど
アガサとアイリスからは
ものすごい幸せ感を貰えたので
育てられて嬉しかったです。

アガサはこれからも
会う機会があるし
アイリスも絶対に
幸せにしてくれるお家に行ったし
良かったと思います。

多分今回で
今年度の保育園はおしまい。
来年はどんな出会いがあるでしょうねー。

卒園生の皆様
近況報告大歓迎です!