昨日の夜
コゼットの元気がなくなり
嘔吐が始まったので
久しぶりに夜間救急に行ってきました。



熱は39.2度。
高すぎではないけれど
低くもない。

吐き気どめ入りの点滴をしてもらい
もし明日の朝も何も食べなかったり
嘔吐が続いたら
病院へ行ってくださいと言われ帰宅。



今朝の嘔吐の跡もなく
お腹すいたーって感じで
よく食べました。



友人たちが遊びにきましたが
それなりに元気に遊んでいたし
嘔吐もなかったので
夕方2時間ほど外出。

帰宅したら
部屋中に嘔吐の跡。

まだ病院があいてる時間だったので
連れて行ったら腸重積という症状で
緊急手術が必要とのこと。

預かってから
毎朝吐いてる跡があったことは
報告したのですが

腸に何らかの問題は
あるのだろうけど
腸重積になったのは
昨日あたりからじゃないだろうかと。
(つまり毎朝吐いていたことは
腸重積につながるとは限らない)

とにかく
そのまま入院、手術となりました。

私にできることは
何もないので帰宅。

病院とセンターとボランティアの
関係性もなかなかに複雑で
どうしたらいいのか悩むことも
てんこ盛り。

これでよかったのかと
思うこともありますが

今はただコゼットの回復を
祈り家に戻ってこれることを
願うしかありません。