グリコ&グリオがいなくなって3日。
まだ里親さんからは報告なし。

もちろん、出来たら近況教えて
くださいね、とお話したので
強制力もないし、義務でもないのですが。
やっぱり落ち着かないんだよね...。

センターからも出戻ってきたとの連絡はないから
大丈夫だとは思うのですが。

今日は子猫たちを育てるのに
必要不可欠な体重計のご紹介。

子猫たちが本当に小さい時は、毎日体重を計ることが必要です。
一日5gから10g増えていることが
望ましいのですが、
哺乳ボランティアさんはこの時期、
毎日この体重に振り回されます。

あまり動かないくらい小さな子猫なら
計るのも楽ですが、活発になってきた子猫たちの体重を計るのは一苦労。
アナログ式だと目盛りが止まらなくて安定しないし、調理用のデジタルもいまいち使い勝手が悪い。

人間用の体重計に子猫を抱いて乗って
自分の体重を引くっていうの、ショックが大きいから嫌だし。

そこで、私はこちらを使っています。



多分、釣りで使われる測り。
釣った魚を引っ掛けて計るらしい。

カゴの中に子猫を入れて、引っ掛けて
計っています。



これはあっという間に計れるし、
かなり正確に出るので重宝してます。
確か20キロくらいまで大丈夫なはず。

でも君はカゴに入らんね。

Secret

TrackBackURL
→http://hanafukutir.blog90.fc2.com/tb.php/244-a321795c